ロードバイクはじめました。

ロードバイクを始めたいんだけど…ロードバイク始めたんだけど…というすべての人へ

ロードバイクを購入するときに~これだけは揃えておきたい~必要なものリスト

f:id:qtarrow:20160731232158j:plain

いざロードバイクを買おう!車種も決まった!っていっても、それ以外に結構お金が掛かるものです。

ママチャリだったら、車体本体と防犯登録代金くらい。ベルもライトも付いてるし。だけど、スポーツバイクは、車体本体以外にも購入が必要なものが結構あります。

ロードバイク購入時に必要なもの

数えだしたらキリがないんですが、最低限必要なものを紹介していこうと思います。

法的、そして安全面とを踏まえて必ず必要なものをリストにしました。

購入時絶対に必要なもの

  • フロントライト
  • 後部反射板(赤)orテールライト
  • ヘルメット
  • アイウェア
  • ベル
  • フロアポンプ
  • スタンド
  • 防犯登録

必要なものリストは、ロードバイク購入時に必ず一緒に購入しておいた方がいいでしょう。フロント・リアのライト、そしてベルは法律で取付けが決められているので、必ず必要です。

その他の、ヘルメット、アイウェアについてはスピードの出るロードバイクだったら頭部と目を保護するという意味合いで必要不可欠。ママチャリしか乗ったことがない人が乗ったら、そのスピードにビックリするはずです。

フロアポンプとスタンドについては、これはロードバイクならでは。

ロードバイクって、ホント速く走るために作られているので、普通だったらあるはずのものが結構ありません。なので、当然スタンドもない。

外に立て掛けておくっていうなら、不要かもしれませんが、10万円以上する高価な自転車を外に置く人は、まずいないですよね。盗難はもちろん、雨ざらしになんてしておけません。

となると保管は当然自宅内。スタンドは必ず買っておいた方がいいです。

あとは、フロアポンプ。空気入れ。ママチャリのバルブが米式というのに対して、ロードバイクは仏式。ママチャリの空気入れが使えません。できれば、空気圧計のついているものをおすすめします。

あった方がいいもの

  • タイヤレバー
  • 交換用チューブ×2
  • 携帯ポンプ

こちらは、すぐにある程度の距離を走りたい人用です。万が一、出先でパンクにあった場合の修理に必要なやつです。パンクしても歩いて帰って来られる距離までしか行かない。というなら、すぐに買う必要もないでしょう。

あとは、スポーツバイク特有のビンディングペダル。ペダルとシューズがくっついているやつです。最初から、これを付けた方がいいっていう方もいますが、ぼくはあまりおすすめしません。

ある程度ペダルが回せるようになってからの方が、上達の近道のように感じますからね。

本体価格+2万円~は必要

と、ここまで必要そうなものをリストアップしました。意外と車体以外で必要なものってありますよね。

じゃあ、だいたいどれ位の予算を見積もっておけばいいのか?

ここに上げたものは、すべてピンキリであります。ヘルメットなんかは5~6000円くらいのものもあれば、20000円を軽く超えるものもありますからね。

ただ、最初からそんな高価なものも必要ないと思うので、大体車体本体+20000円くらいで見積もっておけば大丈夫だと思います。

ちなみにぼくが購入した、GIANTのTCR0は最初からベル、反射板が付いてました。

間違っても、予算足りないからヘルメットはあとでとかにならないように、しっかりとプランニングしてお買い物しましょうね。