読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクはじめました。

ロードバイクを始めたいんだけど…ロードバイク始めたんだけど…というすべての人へ

ロードバイクを購入するときに~これだけは揃えておきたい~必要なものリスト

f:id:qtarrow:20160731232158j:plain

いざロードバイクを買おう!車種も決まった!っていっても、それ以外に結構お金が掛かるものです。

ママチャリだったら、車体本体と防犯登録代金くらい。ベルもライトも付いてるし。だけど、スポーツバイクは、車体本体以外にも購入が必要なものが結構あります。

ロードバイク購入時に必要なもの

数えだしたらキリがないんですが、最低限必要なものを紹介していこうと思います。

法的、そして安全面とを踏まえて必ず必要なものをリストにしました。

購入時絶対に必要なもの

  • フロントライト
  • 後部反射板(赤)orテールライト
  • ヘルメット
  • アイウェア
  • ベル
  • フロアポンプ
  • スタンド
  • 防犯登録

必要なものリストは、ロードバイク購入時に必ず一緒に購入しておいた方がいいでしょう。フロント・リアのライト、そしてベルは法律で取付けが決められているので、必ず必要です。

その他の、ヘルメット、アイウェアについてはスピードの出るロードバイクだったら頭部と目を保護するという意味合いで必要不可欠。ママチャリしか乗ったことがない人が乗ったら、そのスピードにビックリするはずです。

フロアポンプとスタンドについては、これはロードバイクならでは。

ロードバイクって、ホント速く走るために作られているので、普通だったらあるはずのものが結構ありません。なので、当然スタンドもない。

外に立て掛けておくっていうなら、不要かもしれませんが、10万円以上する高価な自転車を外に置く人は、まずいないですよね。盗難はもちろん、雨ざらしになんてしておけません。

となると保管は当然自宅内。スタンドは必ず買っておいた方がいいです。

あとは、フロアポンプ。空気入れ。ママチャリのバルブが米式というのに対して、ロードバイクは仏式。ママチャリの空気入れが使えません。できれば、空気圧計のついているものをおすすめします。

あった方がいいもの

  • タイヤレバー
  • 交換用チューブ×2
  • 携帯ポンプ

こちらは、すぐにある程度の距離を走りたい人用です。万が一、出先でパンクにあった場合の修理に必要なやつです。パンクしても歩いて帰って来られる距離までしか行かない。というなら、すぐに買う必要もないでしょう。

あとは、スポーツバイク特有のビンディングペダル。ペダルとシューズがくっついているやつです。最初から、これを付けた方がいいっていう方もいますが、ぼくはあまりおすすめしません。

ある程度ペダルが回せるようになってからの方が、上達の近道のように感じますからね。

本体価格+2万円~は必要

と、ここまで必要そうなものをリストアップしました。意外と車体以外で必要なものってありますよね。

じゃあ、だいたいどれ位の予算を見積もっておけばいいのか?

ここに上げたものは、すべてピンキリであります。ヘルメットなんかは5~6000円くらいのものもあれば、20000円を軽く超えるものもありますからね。

ただ、最初からそんな高価なものも必要ないと思うので、大体車体本体+20000円くらいで見積もっておけば大丈夫だと思います。

ちなみにぼくが購入した、GIANTのTCR0は最初からベル、反射板が付いてました。

間違っても、予算足りないからヘルメットはあとでとかにならないように、しっかりとプランニングしてお買い物しましょうね。

超運動不足の初心者でも走れるつくば近辺のサイクリングコース

自転車に乗りたい!ってなって、5年ぶりにクロスバイクを引っ張り出してきたはいいものの、どこを走っていいのか分からない。

大通りは、交通量が多いから怖いし。そもそもそんなとこ走れるのか!?という問題。

なんといっても、当時のぼくは運動しない歴10年の運動不足選手としてはすでにベテランの域。ということで、これから自転車を始めたい!けれど、どこを走ればいいのか分からない!という方へ、茨城県つくば市近辺の超初心者でも乗りやすいサイクリングロードを紹介します。

つくば近辺のおすすめサイクリングコース(超初心者時代)

霞ヶ浦サイクリングロード

茨城が他県に誇れる数少ない場所、日本で2番目に広い湖。この湖畔がサイクリングロードとして舗装されています。ずっと平坦路なので、起伏はありませんが、強風の日には・・・。全長は120Km。霞ヶ浦大橋から南側だけでも、94Kmの距離になります。

f:id:qtarrow:20160708141622j:plain

 

つくばりんりんロード

筑波鉄道の廃線路がそのままサイクリングロードになってます。土浦駅~岩瀬駅までの全長80Km。途中の休憩所は、昔の駅舎跡が休憩所として利用されています。休憩所のトイレは、すこし厳しい環境・・・。こちらも霞ヶ浦同様、ずっと平坦路。

小貝川サイクリングロード

茨城県内を流れる小貝川沿いの土手が、舗装されています。ぼくがよく走るのは、福岡堰~取手市までの区間。福岡堰は、春には桜が満開です。

f:id:qtarrow:20160708141702j:plain



霞ヶ浦とりんりんロードは、正式名称が「つくば霞ヶ浦りんりんロード」というらしいです。

研究学園駅~万博記念公園周辺

上記3つと比較すると、一般道の為交通量は多め。その分、街中なので飲食店などの施設は豊富。のんびりサイクリングをして、カフェで休憩というコースに最適かもしれません。

意外と多いつくば市周辺のサイクリングコース

ここで挙げた4つは、ぼくがクロスバイクを始めたときによく走っていたというコース。そのころは、ほぼ10年ぶりの運動だったため、体力は小学生並み。すぐに息切れを起こすという状態でした。

そんな状態でも、楽しく走れるコースたちです。

そして、それ以外にもつくば市周辺には自転車で楽しめるコースが意外にも結構あります。

自分にあったペースで、自分の好きなコースを見つけ出してみてください。

プレシジョンスポーツは買いなのか!?5年前の購入を振り返る

弱虫ペダルに触発されて、倉庫から引っ張り出してきてクロスバイク。

 

roadbikehajimemashita.hatenablog.jp

 
5年前にチェーン店サイクルベースあさひで、たしか35000円くらいで買ったやつ。購入当初こそ、はじめてのスポーツバイクということで何回か乗りましたが、すぐに乗らなくなっていました。多分10回も乗ってません。

f:id:qtarrow:20160809015144j:plain

 

価格はかなり安い

当時の記憶ですが、クロスバイクの相場は大体5万円~。

そんな中、プレシジョンスポーツは35000円くらい。

他メーカーのものが、少しいいやつで10万円ちかくしたり、さらにイイやつはそれ以上。なんてことを考えると、ビックリするくらいの破格値。サイクルベースあさひオリジナルということで、ここまでの価格に抑えることができたんでしょう。

価格だけで見れば、これ以上ないという価格。ただし、2016年8月9日現在の価格は45000円くらい。見事に1000万円も値上げされています。

性能は・・・

実は価格以上に大切なのが、この部分。

これは、「プレシジョンスポーツ」でググってみると結構ヒットします。

その内容を見てみると、「最弱クロスバイク」「フレームが弱い」「パーツのグレードアップが難しい」「通勤等に使う分には十分」等々。

価格から考えると、妥当な評価という感じ。加速や車体の軽さは、ママチャリとは間違いなく一線を画します。

まとめ

で、ぼくが乗ってみた感じですが、最初のスポーツ車として乗るならイイかな。でも、予算に余裕があるなら、他メーカーのものをオススメ。という感じです。なんせ、ぼくが5年前に購入したときは、とにかく安いのでイイからクロスバイクが欲しい!って状況でしたからね。後のことなんて全く考えてなかったです。

たしかにママチャリとは違う加速性や重量感があります。ママチャリしか乗ったことがない人が、これに乗ったら、きっとその軽快さにある程度の満足感を得るでしょう。

ロードバイクに乗ってしまった今、セカンドバイクとして、どのクロスバイクを買うのか?と聞かれたら別のクロスバイクを選択します。

そして、現在は昔よりも価格も1万円高くなってますからね。45000円出すんだったら、あと少し追加して別のクロスバイクを選択するでしょう。

趣味で乗るなら、なおさら自分のお気に入りの一台っていう部分もあるとおもいますし。お気に入りにならないと、また別のバイクを・・・なんてことになりかねませんからね。

35歳ロードバイクはじめました きっかけはアニメ「弱虫ペダル」

ロードバイクを購入したのが、2015年11月。それから毎週の休日をほぼ毎日ロードバイクに費やしている、ロードバイクの魅力にハマってしまっているぼく。

ここから現在に至るまでの、葛藤とかロードバイク購入の際のポイント、今だからわかることなどを綴っていきたいと思います。

f:id:qtarrow:20160512141917j:plain

 

36歳、ビール大好き、運動不足・・・

36歳、会社員。性別男性。居住地茨城県つくば市。最後に運動をしたのは15年前。以来、運動はおろか移動はもっぱら車なので、1日1000歩程度の完全なる不健康生活。休日は、家でゴロゴロ。

好きなものは、毎晩の晩酌。1日350ml缶を3~5本。それを365日休むことなく、皆勤賞。

そんな、完全なる運動不足と不健康に蝕まれた生活を送っていたぼくがロードバイクに出会った。それが去年の8月のこと。


きっかけはアニメ「弱虫ペダル」

いつもの休日のように、ゴロゴロしながら暇をもてあましていた頃。あまりにも暇なので、Huluを鑑賞することに。

そのとき選択したのは、アニメ「弱虫ペダル」。アニメというものには、全然興味がなかったんだけれど、他に見るものもないし、前に誰かが面白いというのを言っているのを思い出したから。

目的は、あくまでも暇つぶし。

ところが、このアニメ「弱虫ペダル」がぼくのその後の休日を一変させることに。

オタクで運動オンチな少年に意外な才能が

この弱虫ペダルをカンタンに説明すると、高校入学したてのアニメ同好会?の設立を目指すオタクな少年が主人公。運動は苦手。友達なし。

そんな少年、小野田坂道がひょんなことからロードバイクに出会い、自転車競技部に入学して、ライバルや友達、先輩たちと出会い、数々の挫折と壁をなんとか乗り越えながら成長していくというスポ根もの。

そしてそんな主人公には、じつは本人も気づいていない才能が・・・。という物語。

このアニメ、見たことある人なら分かると思いますが、かなりアツいです。青春!ってこういうのをいうんだよなぁ!って。

最後の方は、感動の涙なくして見ることできないくらい。

自転車に乗りたいという衝動が湧き起こる

もともと、ぼくは映画やドラマなどの感動ストーリーにかなり影響されやすいタイプ。分かり易い簡単なタイプ。

子供の頃野球を始めたときも、タッチを見て本格的に野球を始めることを決意。よくよく考えると、結構ドラマやアニメに影響されて物事をはじめたってことが多いような、そんなこれまでの人生。

そんなぼくですから、今回ももちろんこの流れに乗っかります。無性に自転車に乗りたい衝動に駆られました。

そして、4年前に購入して数えるほどしか乗らずに倉庫にしまってあった、ホコリだらけのクロスバイクを引っ張り出してきた。というのが、はじまりです。

 

アニメの次はもちろんマンガも購入